中野区 税理士 おおしま会計事務所

税務・会計に関する用語集

同族経営とは

同族経営(どうぞくけいえい)は、特定の親族などが支配・経営する組織のことを指す。ファミリー企業とも称す。 日本の法人税法では、上位3株主の持ち株比率をあわせて50%を超える会社を「同族会社」と定義する。この定義によれば、株式の需要が低い中小企業の多くや、買収防衛策として経営者が株式の大部を確保している一部大企業も同族会社に該当することになる。 一般的な定義 ファミリービジネスとは、現在も創業家一族が所有し、経営において実質的な支配権を行使している企業をいう。 法人税法で定義する同族会社のように、50%以上の出資比率を要件としない。例えば、出資比率はファミリー全体で5%しかなくても、創業家一族が経営陣になって実質的に支配している場合はファミリービジネスとなる。 一般的には、『ファミリービジネス≒中小企業』というイメージを持たれがちであり、実際に中小中堅企業が中心ではあるが、上記の定義によれば、ファミリーの出資比率が少ない上場企業であってもファミリービジネスに該当する。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』:同族経営 別ウィンドウをたちあげる