中野区 税理士 おおしま会計事務所

税務・会計に関する用語集

損益計算書とは

損益計算書(そんえきけいさんしょ、英: income statement (US), profit and loss statement (UK)等)は、財務諸表の1つである。企業のある一定期間における収益(revenue)と費用(expense)の状態を表すために、複式簿記と呼ばれる手法により貸借対照表などと同時に作成され、その企業の株主や債権者などに経営成績に関する情報を提供する。 日本語では「損益計算書」で一貫しており、P/L と略称されることがある。 英語では一般的に "Income Statement" や "Statement of Income"、"Profit and Loss Statement" と呼ばれるが、書類の名称としてはそのほかにもいくつかある。 以下に示す単語の前、又は後に "Statement" や "Statement of" が付く。括弧内の数字は米国での2005年の会社数の例。 Income (255社) Operations (254社) Earnings (86社) その他 (5社)英国や英連邦の企業では "Profit and Loss Statement" とする場合があるが、米国ではあまり無い。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』:損益計算書 別ウィンドウをたちあげる