中野区 税理士 おおしま会計事務所

税務・会計に関する用語集

雇用保険とは

雇用保険(こようほけん)とは、雇用保険法に基づき、日本国政府が運営する保険の制度である。 沿革 1947年(昭和22年)- 失業者の生活の安定を目的として、「失業保険法」(昭和22年法律第146号)が制定される。その中で、失業保険制度が創設される。 1974年(昭和49年)- 失業者の生活の安定、および三事業(雇用改善事業、能力開発事業、雇用福祉事業)を目的として、「雇用保険法」(昭和49年法律第116号)が制定される。失業保険法は廃止され、失業保険制度に代わって雇用保険制度が創設される。 1977年(昭和52年)- 「雇用保険法等の一部を改正する法律」(昭和52年法律第43号)により、雇用改善事業に代わって雇用安定事業が規定される。 2007年(平成19年)-「雇用保険法等の一部を改正する法律」(平成19年法律第30号)により、雇用福祉事業が廃止され、三事業は二事業となった。その他、被保険者および受給資格要件の一本化や、国庫負担の見直し等も含めた改正がなされた。 基本事項 雇用保険法については、以下では条数のみ記す。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』:雇用保険 別ウィンドウをたちあげる