中野区 税理士 おおしま会計事務所

税務・会計に関する用語集

雑所得とは

雑所得(ざつしょとく)とは、所得税における課税所得の区分の一つであって、利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得および一時所得のいずれにも該当しない所得をいう(所得税法35条)。 雑所得の例 年金や恩給などの公的年金等(遺族年金や障害年金は非課税) 非営業用貸金の利子 著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料や放送謝金など アフィリエイトの収入やインターネットオークションの売金(生活用動産は非課税) 先物取引所得、外国為替証拠金取引(FX)など 金地金(貴金属)などを営利目的で継続的に売買する場合 雑所得の金額の計算 雑所得の金額は、以下の1と2を合算して計算する。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』:雑所得 別ウィンドウをたちあげる